NEWS

ホッと一息。山菜の七草鍋はいかがですか

おはようございます。
今日は1月7日。七草の日です。

お正月休みがあけて、日常が戻りつつありますね。

この日に七草粥を食べるのは、
"お正月に疲れた胃を休めるため"や
"その年はじめて芽を出した野の草の力をいただき無病息災を祈るため"など
さまざまな謂れがありますが
七つの野の草のもつやさしい力で身体を整えるという意味では
きっとどれも正しいのでしょうね。

昔、雪深い山形では初春の七草を揃えることができなかったため
七草の代わりに、塩蔵しておいたきのこや山菜、芋がらを用いた納豆汁が食べられるようになりました。
タンパク質が豊富な納豆と、納豆にはない栄養素を含む食材を組み合わせた納豆汁は
冬の栄養分を補う雪国の生活の知恵が生み出した、まさに郷土のお味です。

出羽屋ではこのたび、1月の美味山菜セットに
【山菜七草と鴨しゃぶセット】をご用意いたしました。

月山山麓の澄んだ空気をたっぷりと含み
大地の下でしっかりと根を張りつつも顔をのぞかせてくれる山菜たちは
寒い中にあっても少しずつ春への扉を開けてくれる使者のよう。
新しい年、新しい季節を迎え少々お疲れ気味の身体に
優しい春の味はいかがですか。

山菜と鴨肉をしゃぶしゃぶでお楽しみいただいたあと
〆には西川町産のおうどんをご用意いたしております。